さつまいものあく抜きって必要?

さつまいものあく成分は?

さつまいものあくの成分は“ポリフェノール”です。

抗酸化作用が強く栄養価は抜群ですので、栄養学的には身体に良い成分ということですね。

 

野菜の種類によっては、あく(灰汁)が有害になる場合もあります。

ホウレンソウや山菜、タケノコなどのあくには、シュウ酸や青酸と呼ばれる成分が含まれていますが、これらを食べた場合、結石や腹痛の原因になるリスクがあります。

 

本来、あくは植物自身が昆虫などから自分の身を守るためのものですので、あくの種類によっては人間にとっても害になる場合があるということですね。

 

ただ、さつまいものあくに関しては、人間にとっては有害とはなりませんので安心して下さい。

 

さつまいもを料理する時、あく抜きは必要?

栄養学的には、さつまいもの場合はあく抜きをする必要はありません。

ただし、さつまいもを料理に使う場合は、色の変色防止にあく抜きをした方がよいと言われています。

 

さつまいものあくは、さつまいもを切ると出てくる白い液体です。

そのまま舐めてみると、苦味を感じると思います。

さつまいものあくは、ヤラピン、クロロゲン酸、タンニンというのが主な成分。

ヤラピンは、腸のぜん動運動を良くして便を柔らかくする作用があるので、便秘の予防改善にも効果があると言われています。

クロロゲン酸とタンニンは、ポリフェノールの一つ。

空気に触れる事で酸化を起こして黒く変色するのです。

品種によっては黒ではなく、オレンジ色やピンク色のこともあります。

特に悪いものではないので食べる事ができます。

数日経ってベタついたり糸を引くなどといった腐っている状態でなければ問題ありません。

渋みの成分で抗酸化作用と言って、カラダを錆びさせない効果や殺菌効果が期待されます。

さつまいものあくは、体に良いとされているあくです。

 

 

あく抜きが特に必要でない場合

さつまいもを料理に使い、色合いや味付けといった点にこだわりたい場合はあく抜きが推奨されますが、それ以外であれば通常あく抜きは必要ありません。

あくは栄養豊富なため、むしろ水にさらし過ぎると、その栄養が逃げてしまいます。

さつまいものあく抜きは、必ずしないといけないものではないです。

 

あく抜きをしないと・・?

さつまいもの切り口が黒くなってきます。

あくが酸化を起こしているためです。

なので、料理の見栄えは悪くなりますね。

あくで黒っぽくなった部分は、見た目は悪いですが、

基本的に味には影響しないと言われています。

そして、さつまいものあく自体は食べても大丈夫なものなので、心配しなくていいですね。

あく抜きした方が良い場合

  

 

煮物や天ぷら、さつまいもチップスのように、さつまいもをカットしたり、スライスしたり加工を加えるものは、変色を防ぐためにあく抜きするのがさつまいもの下準備として一般的です。

特に、煮物の場合は味を染み込みやすくするためにも、あく抜きは必要ですね。

焼き芋や蒸し芋のように、切らない場合はあく抜きしないこともあります。

離乳食で利用する場合は、えぐみなどが残っているとびっくりしてしまいますので、あく抜きしてから調理するほうがいいでしょう。

要は、色合いや味付けといった観点から、あく抜きが推奨されるケースがあるということです。

 

 

あく抜きの方法は?

 

切ったら水に漬ける事で変色は防げます。

その時間は10分ほど!

5分浸したら一旦水を入れ換えて更に5分というように水に漬けます。

切ったさつまいもの大きさにもよるので、時間で考えるよりも、切ったさつまいもを水に入れたらかき混ぜる濁った水がでるので水を変える。

2.3回繰り返して、水が濁らなくなったらOKです。

あまり漬け過ぎるとビタミンなど流失してしまうので出来れば早く調理することがおすすめです。

 

レモンと一緒に煮ると変色防止になりますので、こちらもおすすめです。

まとめ

さつまいものあく、そのものは、体に害を与えるものではなくて、健康に良い成分が含まれています。

子供にも安心して食べさせることできますね。

変色が気にならなければ、あく抜きをせずにそのまま食べる方が栄養の恩恵を受けられますよ。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA