サツマイモのアレルギーについて

今や人口の3分の1が何らかのアレルギーを持っていると言われています。

皮膚・鼻・目・気管支と様々なところでアレルギーの症状は出る可能性があります。

加工食品に関してはアレルギー表示されている物もあり、またそのアレルギー対策商品が沢山販売されています。

ではなぜアレルギー反応は起こるのでしょうか?

アレルギー表示に入っていないサツマイモでアレルギーを起こすことはないのでしょうか?

ここでは食物アレルギーを簡単にご紹介いたします。

アレルギーが起こるメカニズム

私たちの体には免疫力があります。

この免疫バランスを崩している時に異物を感じると免疫は異物を攻撃します。

この時に起こる症状がアレルギーです。

例えば鼻に花粉やホコリが入り、これを異物と免疫が感知すれば免疫はその異物を攻撃し撃退しようとします。

その時に出る症状が花粉症アレルギー性鼻炎です。

異物だと感じる場所が違えば呼び方も変わります。

聞き慣れたところで代表的な物を挙げると皮膚で起こる金属アレルギーアトピー性皮膚炎、気管支で起こる気管支喘息などです。

テレビなどで耳にすることがあるアナフィラキシーショックもアレルギーの一つです。

 

サツマイモは大丈夫?食べ物とアレルギー反応

食べ物でも同じです。

食べ物でアレルギーを起こした場合、どこにどういう症状が出るかは人それぞれです。

湿疹が出たり呼吸困難になったりと症状が重症化する場合があります。

命が危険にさらされることもあるので、このような症状が出る前に注意が必要です。

人によって何が原因でアレルギー症状が出るかは異なります。

その日の体調によって症状が出たり出なかったりということもあります。

 

では安心できる食べ物は何なのでしょうか?

サツマイモは「食品表示法」に含まれていない安心食材といえます。

しかし人によって、また年齢によっては全くアレルギーの心配がない訳ではないので気をつけましょう。

離乳食で気を付けたいサツマイモの下処理と与える時期

まれにサツマイモやジャガイモでアレルギー症状が出る場合があります。

両方とも離乳食で使い勝手の良い食材というイメージがありますが、芋類にはアレルギーの原因となりうるでんぷん質たんぱく質などの成分が入っているので頭のすみに置いておいたほうが良いでしょう。

 

気を付けなければいけないのは、成分はもちろんですが離乳食で与える時期も関係があるようです。

消化器系がまだ出来上がっていない乳幼児にサツマイモを与える場合は皮を厚めに剥き、よくあく抜きをしてから調理しましょう。

調理する際も合わせる食材に気をつけてください。

アレルギー対策は自分を知ることから

アレルギー時代と言っても過言ではない現代。

アレルギーを絶対に起こさないと言い切れる食材を見つけるのは難しいことのようです。

しかしサツマイモはアレルギーが起こりにくい食材の一つといえます。

離乳食で初めてサツマイモを与える場合は日中の赤ちゃんを見守ることの出来る時間帯をおすすめします。

それでも怖いという方は医師の判断を仰ぐことをおすす めします。

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA