貧血に良い食べ物とは?

さつまいもは、炭水化物の塊というイメージが強いですが、実は鉄分も含まれているのです。

鉄分が不足すると貧血を引き起こす事から、食生活に気を配って摂取する必要があります。

今回は、さつまいもに含まれている鉄分の特徴をご紹介していきたいと思います。

鉄分貧血の関係

鉄分が不足して起こる貧血の場合は、食生活に気を付ける事で、簡単に予防する事が出来ます。

貧血になると、立ちくらみや目眩を起こす事から、普段このような症状に悩んでいる方は、意識して鉄分を補給してください。

特に女性は生理の関係で貧血になりやすいため、特に気を付けて摂取する必要があります。

そして気になるさつまいもには、100g当たり0.7mgもの鉄分が含まれています。

さつまいもは比較的、様々な料理に使うことが出来るため、食べやすい食材であり、鉄分を補給しやすい食材でもあると言えますね。

鉄分の種類と性質

ところが、鉄分の多い食品を食べたとしても、体内に吸収される鉄分は、ほんの僅かです。

また、植物性の鉄分は、動物性の鉄分に比べて吸収率が低いため、貧血対策としての効率がよくありません。

しかし、鉄分の吸収率をあげる事の出来る栄養素があります。

それはたんぱく質と、ビタミンCです。

実は、さつまいもにはビタミンCも含まれています。

 

さつまいもによる貧血対策

上記で、鉄分の吸収率を上げる栄養素には、たんぱく質ビタミンCがあると述べました。

実はさつまいもには、鉄分だけでなく、ビタミンCも含まれているので、吸収率を上げることが出来ます。

貧血対策としてのさつまいも料理なら、「さつまいものそぼろ煮」をオススメします。

この料理ならば、鉄分も、その吸収率を上げる栄養素も摂取できますし、ほんのり甘いので、ちいさなお子様でも食べやすいですよね。

さつまいもは貧血対策にもおすすめの食材である

いかがでしたか?

さつまいもには、鉄分だけでなく、吸収率をあげるビタミンCが含まれている事が分かりました。

たんぱく質とも組み合わせて、日々の貧血対策にお役立てください。

 

こちらの記事もどうぞ

さつまいもの栄養について<ビタミン>

さつまいもの栄養を効果的に摂るレシピ!

 


記事作成にあたり下記サイトを参考にさせて頂きました。

ありがとうございます。

いしゃまち

https://www.ishamachi.com/

鉄分の多い食品まとめ

http://xn--n8j6dp68i7jc7shv73hlxj.com/

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA