切ったら緑色? さつまいも、変色するのは何故?

さつまいもをてんぷらにしよう!と、揚げてみると、なんとびっくり!さつまいもが緑色に変色した経験、また、さつまいもを調理しようと切っておいておくと、色が変わっていた!なんて経験、ありませんか?

 

今回はさつまいもの変色の原因と、その対処方法についてご紹介します。

食べ方いろいろ、さつまいも

さつまいもには、焼き芋干し芋お菓子焼酎てんぷら一品料理など、いろいろな食べ方があります。

どの食べ方も、とても美味しく、健康に良い影響を与えてくれます。

 

ですが、いざ料理をはじめてさつまいもを切り調理すると、その後、緑色や黒色に変色してしまい、どうしたらいいの?これは食べられるの?と心配した経験、ありませんか?


の正体は、クロロゲン酸

 

さつまいもを切って加熱すると、緑色に変色する・・・その原因は、さつまいもに含まれる「クロロゲン酸」だったのです!

このクロロゲン酸は、アルカリ性と反応すると緑色に変化する特徴を持っています。

そのため、アルカリ性の食品である重曹天ぷら粉などと合わさると、緑色になるのです。

 

また、さつまいもを切ると、切り口が黒っぽくなることがあります。

これもさつまいもに含まれるポリフェノールが原因で、空気と触れ合うことで酸化が引き起こされ、変色が起きます。


さつまいも変色を防ぐためには?

基本的に、切り口が変色したさつまいもを食べても身体に害はないとされています。

しかし、見た目が気になる・・・食欲が・・・という方もいらっしゃいますよね。

そんな方に、変色を防ぐ方法をご紹介します。

 

その方法とは、「切ったらすぐに水につけること」と「少し厚めに皮をむく」というものです。

変色原因のポリフェノールは皮付近に多いため、厚めに皮をむき、その後空気に触れないよう水につけることが、その予防策なのです。


見た目にもおいしいさつまいも

さきほど、変色したさつまいもを食べても身体に害がないといいましたが、切る前からさつまいもが変色していたり、異臭がする際は、さつまいもそのものが痛んでいる可能性があるので、しっかりチェックしてくださいね。

どんな調理法でも美味しくいただけるさつまいも、そんなさつまいもを、見た目にもおいしくいただくために、変色を防ぐ方法、ぜひ試しください。

 

 

 

こちらの記事もどうぞ

さつまいものあく抜きって必要?

サツマイモ、切ったら出てくる白い液って?

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA