焼き芋土力のこだわり、那智黒石の特徴

みなさんは、お芋屋さんが家のそばを通るメロディーを聞いて、お財布を持って家を飛び出した経験、ありませんか?

甘くてホックホクな焼き芋。

今回はそんな焼き芋の美味しい焼き方についてご紹介します。

甘くてホクホク♪美味しい焼き芋

栄養満点!さつまいもの代表的な食べ方に、「焼き芋」がありますよね。

きっとみなさんも、一度は召し上がったことがあるのではないでしょうか?

また、畑から収穫したさつまいもを、落ち葉を集めてみんなで焼いた、という思い出のある方も多いのではないでしょうか。

私自身も、おやつや夜食に、甘くてホクホクの焼き芋を食べることが大好きな焼き芋ファンの一人です。

みなさんは、そんな焼き芋を美味しく作る方法をご存知ですか?


美味しい焼き芋づくりの秘密は、那智黒石

さつまいもを落ち葉の中で焼いたり、オーブンやレンジを利用して焼き芋を作った経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。

家庭で手軽に美味しく作ることのできる焼き芋ですが、そんな焼き芋を更にグン!と美味しく作ることのできるアイテムがあります。

そのアイテムというのが、「那智黒石」なのです。

那智黒石とは、三重県熊野市で産出される黒い石のことで、私たちがよく見かける、碁石や硯、様々な工芸品に使われています。

那智黒石は、丸みを帯び、黒色で遠赤外線作用があるため、美味しい焼き芋を焼く際にポイントとなる、「じっくり」、「ゆっくり」という重要な役割を担ってくれるのです。


那智黒石を使った、美味しい焼き芋の焼き方をご紹介

 

美味しい焼き芋の焼き方にはポイントがあります。

それは、

①直接火にかけるより、間接的に熱を加えること、

じっくり・ゆっくりと焼くこと、

なのです。

遠赤外線が発生する石を使用し間接的に熱を加え、時間をかけて焼くことで糖度が増し、甘くて美味しい焼き芋を作ることができます。

家庭で那智黒石を使って美味しい焼き芋を作るためには、まず那智黒石土鍋を用意します。

那智黒石をよく洗い、土鍋に敷き詰めます。そしてその上にさつまいもを置き、火にかけます。

その後は、さつまいもがこげないように、たまに転がして全体をまんべんなく焼くと、1時間ほどで美味しい焼き芋が出来上がります。


美味しい焼き芋には欠かせない那智黒石!

今回ご紹介した那智黒石は、美味しい焼き芋づくりに欠かせない存在です。

遠赤外線効果で、じっくり甘く焼かれた焼き芋は、美味しいだけではなく、健康な身体づくりに大活躍と、一石二鳥な食べ物です。

ひと手間かけた焼き方で、美味しく楽しく召し上がってみてはいかがでしょうか。

 

こちらの記事もどうぞ

 

 

サツマイモの種類イロイロ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA