妊婦さんとサツマイモの栄養について

妊婦さんにとって栄養を摂るのは大事なお仕事ですよね。

でもつわりが重くて思うように食べられなかったり、甘い物が食べたいけど糖分の摂りすぎが気になったりと意外と難しいものです。

 

妊婦さんが摂らなければいけない栄養素は沢山あります。

しかもバランス良く心も体も満たしてくれる食材はないのでしょうか?

そうサツマイモです。

このサツマイモのあまり知られていない、妊婦さんにとってうれしい情報をご紹介いたします。

妊婦さんと胎児に必要な栄養は何?

妊婦さんは自分の体はもちろん、胎児の栄養も考えて食事をしなければなりません。

ではどんな食べ物を食べればよいのでしょうか?

妊婦さんが必要とする栄養の代表的なものは「葉酸亜鉛カルシウム」などです。

ほかにもカリウムやビタミン類も必要です。

特に葉酸は胎児の中枢神経や臓器が形成される妊娠初期に必要です。

出来れば妊娠が分かる前かえら摂って欲しい栄養素です。

 

ところがすべてを上手に考えて摂らなければ今度はカロリーオーバーになってしまいがちです。

そこでサツマイモです。

サツマイモは妊婦さんにとって大切な様々な栄養が含まれています。


サツマイモの凄いところ

サツマイモには妊娠中に必要な「葉酸亜鉛カルシウム」が含まれています。

どの栄養素も断トツに含まれるという訳ではないので、あまり耳のしたことはないかもしれません。

他の葉酸が沢山含まれる野菜と比べると約5分の1~4分の1程度ですが、サツマイモには他にも妊婦さんにとって大切な栄養が含まれています。

例えば食物繊維ビタミンCカリウム等、他にも妊婦さんが必要とする栄養素の宝庫です。

その上、食事中・食後の血糖値の上昇をゆるやかにしてくれる低GI食品でもあります。

 

しかし決してカロリーの低い食品ではありません。

サツマイモには炭水化物や糖質も多く含まれるので食べる量には注意が必要です。

目安としては1日1~2本です。


妊婦さんがサツマイモを食べる時の注意点

サツマイモはの中で育ちます。

当然、土が付着しています。

土で育てた野菜全般に言えることなのですが、この土の中にはトキソプラズマ菌が住んでいます。

妊婦さんはこのトキソプラズマ菌に感染し易いと言われていて、感染してしまうと早産・流産のおそれがあり注意が必要です。

 

ではどうしたらよいのでしょうか?

このトキソプラズマ菌は水で洗い流すことが出来るので調理前にしっかり洗い流しましょう。

サツマイモは生で食べることがほとんどない食材です。

良く火を通せば死滅してしまいますので安心してお召し上がりください。


サツマイモの魅力

ご存知のようにサツマイモは調理次第で甘くもしょっぱくも酸っぱくもできる食材です。

妊娠中に食べたい物や味は人それぞれですが、サツマイモは幅広く対応できます。

甘さを求めるならお砂糖類を使わないで調理しても甘さを感じられるのがサツマイモの良いところです。

熱に弱いと言われるとビタミンCですが、サツマイモに含まれるビタミンCは加熱しても壊れにくく、他の栄養素の吸収をサポートしてくれます。

 

サツマイモを上手に使って妊婦さんの食生活を豊かにし、体と心の安定への第一歩を踏み出しましょう。

 

 

 

記事作成にあたり下記サイトを参考にさせて頂きました。

食品成分データベース https://fooddb.mext.go.jp/

ありがとうございます。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA