お酒に合う!サツマイモのおつまみレシピ

お酒に合うおつまみのイメージは人それぞれですよね。

例えば唐揚げや冷奴、焼き鳥に餃子…。

出てくるのはしょっぱい物ばかりです。

ではサツマイモのイメージはどうでしょう?

甘いスイーツが真っ先に浮かびます。

頑張って考えて天ぷらやサラダ等ですよね。

このサツマイモでしょっぱい系おつまみにチャレンジ!です。

試行錯誤しながらこの一品にたどり着きました。ぜひ試して欲しいです。

サツマイモのアンチョビ炒め

材料

サツマイモ  1本(約250g前後)

○アンチョビ  15~20g

○タマネギ  4分の1

○いんげん 6~7本

○ニンニク  1かけ

○オリーブオイル  大さじ1~1.5

○バター  大さじ1

○しょうゆ  小さじ1~1.5

※水  適量


下準備をしましょう

1. サツマイモを一口大の乱切りにし水に浸す

2. ニンニクをみじん切りにする

3. アンチョビをみじん切りにする

4. タマネギをみじん切りにする

5. いんげんのヘタを取り食べやすい大きさに切る


作り方

◎フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れ、弱火でじっくり香りを出します。

◎香りが出たら分量の半分のバターとアンチョビを入れ、潰すように炒めます。

◎アンチョビが潰れたらタマネギを入れ、さらに炒めます。

◎タマネギがなじんだら、しょうゆを入れて混ぜます。

◎次に水を切ったサツマイモを投入。中火よりやや強くして一気に絡めます。(火が強すぎるとみじん切りにした材料が飛ぶので気を付けてください)

◎絡んだら火力はそのままでフタをします。(タマネギの水分と油で結構絡みやすいです)

◎焦げないように注意して、たまに混ぜながらサツマイモに火を通します。(この時焦げるようだったら水を少量だけ入れる)

◎水分が残っているうちにいんげんを入れます。

◎サツマイモといんげんに火が通ったら煮崩れする前にフタを外して水分を飛ばします。

◎水分が飛んだら残りのバターを入れ、全体にバターが絡むように混ぜます。

 

出来上がり!!


火加減がこのレシピのポイントです

サツマイモの特徴として、じっくりと時間をかけて火を通すと甘さが増します。

この特徴を逆手にとったレシピなので、なるべく高温でサツマイモに火を通してください。

それでもサツマイモの甘さは多少出てしまうので、今回はお砂糖類を使っていません。

これでは味のまとまりがないな、と思ったら途中でお砂糖やハチミツ等を少量だけ入れてください。

今回はいんげんを使用しましたが、冷蔵庫に残っている野菜で大丈夫です。

サツマイモだけで、他の野菜を何も入れなくても美味しく作ることができます。

 

家飲みが流行っている今、おつまみにこのサツマイモレシピを一品プラスしてテーブルを華やかにしてみてはいかがでしょうか?

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA