もちもち!サツマイモで作るいももちレシピ!

もっちもちの食感を楽しむ、いももちを作りましょう。

腹もちも良く、おやつにもおかずにもイロイロとアレンジできるいももち。

日本各地に郷土料理として伝わっています。

じゃがいもや里芋など地方によって素材や味も様々。

今回はサツマイモで作るいももちのレシピをご紹介します!

サツマイモで作るいももちの基本レシピ

材料

〇サツマイモ 中1本

〇片栗粉 大さじ3~4

〇塩 少々

〇牛乳又は水 大さじ6~7(この量は目安)

〇油 少々

※お湯 適量


作り方

◎ 鍋でサツマイモがかくれる程度のお湯を沸かします。

◎ サツマイモは一口大に切ってから皮を剥きます。(生は硬いので小さくしてからのほうが剝きやすいです)

◎ お湯が沸騰したら切ったサツマイモを入れます。

◎ 串などを刺してスっと入るようになったらサツマイモをザルにあげます。

◎ お湯がきれたら茹でた鍋かボールに入れマッシャーかすりこぎ棒でつぶします。

◎ サツマイモの粒がなくなったら分量の塩を少々と牛乳か水を入れます。

◎ 全体的に混ざったら片栗粉を入れてさらに混ぜます。

◎ 粉っぽさが無くなったら硬さをみます。硬いようでしたら水分を足して下さい。

目安はコロッケを作る時の潰したジャガイモと同じくらいです。6~7当分して丸めます。

◎ フライパンに油を引いて熱し、丸めた生地を並べ両面に焼き色がつくまで焼きます。

出来上がりです。


いももちのアレンジ

今回ご紹介したレシピはプレーンなサツマイモのいももちです。

これを少し変化させるとまた違った味わいになります。

例えば…

バターで焼く、醤油をからめる、きなこをまぶす、チーズを入れる等、ちょっとしたことでバリエーションが広がります。

ツナや野菜などを入れてしょっぱい味つけにすればおかずにも変化します。


いももちはおやつ?食事?

甘くもしょっぱくも仕上げることができるいももちの位置づけはどこなのでしょう?

いろいろ調べてみると、おやつでも食事でもなく小腹が空いた時に「いももちでも作る?」というところらしいです。

おやつと食事の中間といったところでしょうか。

 

いももちを作る注意点はサツマイモが硬くて切って皮を剥く作業がちょっと大変です。

指を切らないように注意しましょう。

それともう一つ、これもまたサツマイモを切っている時ですが、意外と切って皮を剥いている間にサツマイモの灰汁が手に付いて乾いてきてしまいます。

こうなるとベタベタしてしまいせっけんで洗っても中々落ちなくなります。

途中で何度か手に付いて灰汁を洗い流しながらの作業をお薦めします。

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA