疲れ目対策にサツマイモ

時代の流れと共に私たちの生活は目を酷使することが増えています。

スマホやパソコン・電子手帳や電子書籍など、いつの間にか疲れ目におちいってしまう物に囲まれています。

その結果慢性的な疲れ目になってしまうことも少なくありません。

疲れ目と上手く付き合っていくのではなく、日々の食生活で改善できたら良いと思いませんか?

 

目に良いと言われる食べ物は沢山あります。

実はその中にはサツマイモも含まれています。

では何と食べれば良いのか?を考えてみましょう。

疲れ目によい栄養素

目に良いと言われる食べ物と言えば真っ先に思い浮かぶのはブルーベリーですよね。

ブルーベリーにはポリフェノールの一種であるアントシアニンが含まれていて、この成分が目に良いとされています。

このアントシアニンはサツマイモの皮の部分にも含まれています。

では他に疲れ目に良い栄養素は?

 

代表的な物はビタミン類ルテインDHAアスタキサンチンなどがあげられます。
ビタミン類で特に必要とされるのはB群です。

ビタミンA・・・目の細胞や粘膜の新陳代謝を保つ効果があるとされています。

ビタミンB群・・・目の疲れを防ぐ効果があるとされています。

ビタミンC・・・目の水晶体の透明度を保つ、充血や疲れ目を防ぐ働きがあるとされています。

ルテイン・・・抗酸化作用により、網膜の変性を防ぐとされています。

DHA・・・ドライアイ・疲れ目の予防、視力回復の効果があるとされています。

アスタキサンチン・・・疲れ目、眼精疲労に効果的とされています。


疲れ目に良い食材

ではこれらの栄養素が含まれている食材はなんでしょうか?

残念ながら一つでまかなえる食材はありません。

DHAはご存知のように青魚と言われる魚(イワシ・サバなど)に多く含まれています。

アスタキサンチンは鮭・カニ・イクラなどに含まれています。

ルテインは緑黄色野菜に多く含まれています。

代表的な食材はケール・ほうれん草・ブロッコリーなどです。

ビタミンAは鶏レバーやニンジン、ビタミンB群は沢山ありますが強いて挙げるなら玄米や豆腐・ニンニクなどです。

ビタミンCはアセロラや柑橘系・イチゴなどです。

このように必要な栄養素が多く含まれている食材だけを書き出してみると、どうにも疲れ目対策は献立が立てにくいのが現状です。


サツマイモは多くの栄養素をまかないます!

さすがに万能野菜のサツマイモでもDHAやアスタキサンチン・ルテインは含まれていませんが、ここに挙げたビタミン類はオールクリアです。

 

含まれている量は前に記した食材よりは劣りますが、しっかりと栄養素として含まれています。

特にビタミンCは加熱調理をしても壊れにくくお薦めです。

あまりスーパーでは手に入りませんが、サツマイモの茎や葉にはケールに負けないほどのルテインが含まれています。

芋掘りなどで手に入る機会があれば調理してみるのも良いですね。


サツマイモは凄い!

疲れ目対策に必要な栄養素を考えると、あれもこれもと色々準備しなければいけませんが、サツマイモでビタミン類がまかなえると分かればメニューを決めるのもラクになりますね。

疲れたから食べる、ではなく日ごろからこれらの食材を食卓に並べ、疲れにくい目を作るというのが大事かもしれません。

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA