筋トレを習慣化したい男性必見!筋トレとさつまいもの意外な関係とは?

人気アーティストの福山雅治さんやGACKTさん、メジャーリーガーのイチロー選手のようなキュッと引き締まった体を目指して筋トレを始めてみたものの、仕事やプライベートが忙しくて筋トレがなかなか習慣化できないという男性も多いのではないでしょうか。

 

筋トレが習慣化できない理由の1番の原因は「自分への甘さ」だと言われていますが、いきなり自分に厳しくすることって人間なかなか出来ないものです。

特に筋トレは効果が現れるまでに時間のかかる運動ですので、つい甘くなりがちになります。

 

そんな男性にオススメなのが「さつまいも」です。

 

さつまいもは、たくましい筋肉を作るために日夜筋トレに励んでいるボディビルダーの選手たちのあいだで「コストパフォーマンスの良い食べ物」として実際に食事に取り入れている食材でもあります。

 

そこで、今回は筋トレを習慣化したい男性にオススメの食材「さつまいも」の魅力をご紹介します。

筋トレさつまいもの関係とは?

 

「筋トレを習慣化するのにさつまいも?」と疑問に思った方も多いのではないでしょうか。

 

さつまいもには、たんぱく質の他に、

・炭水化物

・ビタミンA

・ビタミンB1

・ビタミンB2

・ビタミンC

・ビタミンE

・葉酸

・カリウム

・カルシウム

・マグネシウム

・鉄

・銅

・食物繊維

など、健康な体を維持するために必要な栄養成分がたっぷり含まれています。

 

筋トレが習慣化できない理由の1つに「なかなか筋肉がつかない」という意見があるのですが、筋肉をつけるためには、炭水化物・脂質・たんぱく質だけではなく、体の機能を正常に保つための調整役であるビタミン類ミネラル類もバランスよく摂取する必要があります。

 

さつまいもには筋肉をつけるために必要な栄養素がたっぷり含まれており、しかもゆっくりと炭水化物が体へと吸収されてゆくため、腹持ちがよく食べ過ぎを防ぐことができます。

 

ボディビルダーの選手は、コンテストの準備期間に消耗してしまった筋肉へのエネルギー補給としてさつまいもをよく食べると言われていますが、オフシーズンの食事にもさつまいもを取り入れており、常に筋肉をつける食事を心掛けているそうです。

 

ちなみに、さつまいもには脂肪燃焼作用のあるビタミンB2免疫力アップに効果的なビタミンC腸内環境を整える働きを持つ食物繊維やさつまいも固有の成分「ヤラピン」などが豊富に含まれており、GI値も55と低い食品なので、健康や美容効果を期待できるだけではなく、ダイエット効果も得ることができます。

 


 

筋トレを続けるためにさつまいもを摂る理由がよく分からないという方も多いかもしれませんが、筋肉というのは筋トレをすることでつくものではなく、パフォーマンスの良い食事を摂りながら筋トレをすることでたくましい筋肉をつけることができるのです。

筋トレをしてもなかなか筋肉がつかないと悩んでいる方や筋トレを習慣化できない方は、筋トレの方法を見直すだけではなく、普段食べている食事の内容にも目を向け、筋肉がつきやすい体質へと身体を導いてあげることから始めてみてはいかがでしょうか。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA