酒粕とサツマイモで効果抜群!便秘解消レシピ

ひと昔前は冬の飲み物だった甘酒

最近では飲む点滴として知れ渡り、寒い時期だけではなく一年中スーパー等で売られています。

でもみなさん、甘酒には米麹で作る物と酒粕で作る物があるのをご存知ですか?

どちらも美味しいのですが栄養的には違いがあります。

この栄養の違いと、上手に便秘解消する為のサツマイモ甘酒のコラボレシピをご紹介いたします。


米麹と酒粕の大きな違い

米麹

米麹は蒸して潰したお米に麹菌を加え発酵させた物です。

なので見た目にもお米の粒がわかります。

ほのかな甘みがありますが酒粕よりカロリーが高めです。

酒粕

一方酒粕は日本酒を絞った時に残る物です。

日本酒からの副産物なので微量ではありますがアルコール分が含まれています。

酒粕自体には甘味がないので甘さを必要とする物に使う場合は甘味を足さなければなりません。

米麹より少しだけカロリーは低めですが、甘酒などの甘味を必要とする場合は甘味料を使わなければいけないので、米麹に比べてカロリーが低いとは一概には言えません。

価格の面では酒粕のほうがお安く手に入ります。


酒粕に含まれる成分、レジスタントプロテインって何?

一言で言ってしまえばたんぱく質です。

しかしこのレジスタントプロテインは胃で消化されにくく、食物繊維と同様に腸まで届きます。

しかも酒粕は発酵食品なので腸内環境の改善が大きく見込めます。

効果としては「コレステロール低下作用」「肥満制御作用」等です。

またお肌のキメを細かくしてくれる作用も報告されているので、女性にとってはうれしい栄養素ですね。

酒粕にはアルコール分が含まれるのでお子様やお酒に弱い方はご注意ください。


酒粕の甘酒とサツマイモのムース

◎サツマイモ(皮を除く)150gを一口大に切り、アク抜きをしてレンジで火を通します。

◎柔らかくなったサツマイモをミキサーに入れ、生クリーム50cc、水100ccも一緒に入れ、ピューレ状になるまで混ぜます。

固い場合は生クリームか水で調節してください。

◎混ぜ合わせた物の味をみて甘味が足りなければお好みで甘味料を入れます。

◎ミキサーの中の半量をボール等に取ります。

◎ゼラチン5gをお湯50ccで溶かします。

◎サツマイモのピューレ半量が残っているミキサーに溶かしたゼラチンを入れ混ぜます。

◎続けて酒粕の甘酒を250cc入れ混ぜます。

◎お好きなカップに混ぜ合わせた物を6~7分目まで入れ、冷蔵庫に入れ冷やす。

◎カップの中身が固まったら取っておいたサツマイモのピューレを各カップに等分に流し入れる。

 

さらに冷やして出来上がり♪


酒粕とサツマイモを合わせると最強のコンビ!

どうしても油分や栄養バランスが崩れてしまい便秘がちになってしまうダイエット中でも、酒粕は強い味方になってくれます。

さらにサツマイモと一緒に食べることで酒粕にないビタミン類ヤラピン等の栄養素を摂ることができます。

このレシピは甘い焼き芋を使うことで甘味料の量を極端に減らせます。

甘味料を使う場合はできるだけオリゴ糖はちみつをお薦めします。

全体的には火を通していないのでお早目にお召し上がりください。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA