焼き芋でバタークリーム

 

バタークリームと聞いてもピンとこない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

バタークリームは数十年前、生クリームより先に世の中に出回っていたクリームです。

冷蔵庫が普及して生クリームが主流になってしまったとも聞きます。

でも今の時代でもバタークリームを使用したお菓子は残っています。

手に入り易いところでは、レーズンとバタークリームを混ぜてクッキーにサンドした物や

ロールケーキなどがあります。

懐かしいバタークリーム

本来のバタークリームはバターと卵、そしてお砂糖を混ぜ合わせ作られたものです。

今回ご紹介するレシピは卵の代わりに焼き芋を使い、風味豊かな仕上がりのバタークリームです。

卵を使用するより簡単に作ることができます。


焼き芋バタークリームのミルクレープ

材料

《バタークリーム》

◎焼き芋  200g

◎有塩バター  100g

◎粉砂糖  30~40g

 

《クレープ生地》

◎卵  2個

◎牛乳(豆乳でも可)  300cc

◎小麦粉  100g

◎砂糖  30g(お好みで調整してください)

◎溶かしバター  大さじ1

◎バター又はサラダ油  適量

作り方

《クレープ生地》

〇卵を割り、サラッとするまで良く混ぜます。

〇卵液に牛乳を加え混ぜ、溶かしバターも入れ混ぜます。

〇砂糖を入れ混ぜます。

〇小麦粉をふるいながら半量入れ、混ぜます。混ざったら残りの小麦粉もふるい入れ良く混ぜます。

〇多少小麦粉のツブが残っていても、そのまま冷蔵庫で20~30分休ませます。

〇フライパンにバターまたはサラダ油をひき、火をつけます。

〇生地をフライパンに流し入れ、直径約20㎝の薄いクレープ生地を焼きます。

※枚数はお好みで。写真は8枚使用

 

《焼き芋バタークリーム》

〇バターを常温に戻します。

〇焼き芋の半量は皮をむいて潰します。残りの半量は皮付きのまま1~1.5㎝角に切ります。

〇バターと粉砂糖を合わせ、ハンドミキサーか泡立て器で白っぽくなるまで混ぜます。

〇白っぽくなったら潰した焼き芋を入れ、良く混ぜます。

〇混ざったら角切りにした焼き芋を入れ、今度はヘラで全体を混ぜます。(角切りの焼き芋はガンバって潰さなくても大丈夫です)

 

《ミルクレープに成型》

〇クレープ生地が冷めていることを確かめて、一枚をお皿又はまな板に広げて置きます。

〇気持ち山なりになるように、焼き芋バタークリームを塗ります。

〇クレープ生地を重ね、おなじことを繰り返します。(焼いた生地の枚数、もしくはお好みの高さまで繰り返してください)

〇お好みの段数まで終えたらラップをして冷蔵庫で冷やします。


焼き芋バタークリームの使い道

このほかにもこの焼き芋バタークリームはトーストに塗ったり、パンケーキの横に添えても美味しくいただけます。

クレープ生地を大量に焼くのは面倒という方は、大き目のクレープ生地を焼いて普通のクレープとしても良いでしょう。

この時は焼き芋を少しトッピングすると見た目が華やかになります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA