かんころ餅って何?サツマイモが主役の和スイーツ

みなさん、かんころ餅って知ってますか?

 

なんとなく聞いたことがあるけど、どんな物なのかは知らないという方が多いのではないでしょうか。

かんころ餅とは、サツマイモを材料として作る加工品で正統派和スイーツです。

昔からあるお菓子で、今ではお菓子としてだけではなく、スープや天ぷら等にも変化しているようです。

このかんころ餅にも、もちろん歴史があります。

読んだら食べたくなるような内容を交えてご紹介します。

かんころ餅ってどこのお菓子?

 

かんころ餅は長崎県五島列島の郷土料理で古くから食べられています。

江戸時代に資料にも書かれているほど五島列島とサツマイモの関係は深く、そんな中から生まれたのがかんころ餅です。

かんころ」とは生のサツマイモをスライスしてサッと茹で干すことからきているようです。

和菓子にするだけではなく、芋焼酎の原材料としても使われています。

ちなみに関東でいう干し芋は蒸してから干す物が多く蒸切り芋というようです。

名前の由来としては「かん」は甘い、「ころ」はころころ丸めた物、と言われています。

五島列島では寒風でサツマイモを乾燥させて保存食にしていたようですが、今では特産品になっていて一年中手に入ります。


かんころ餅ってどんな物?

もともと甘いサツマイモが材料の加工品なので、お察しのとおり甘い和菓子です。

サツマイモともち米を練り上げ、お好みでお砂糖を少し入れただけのモチモチ食感の優しい味わいです。

食べるときはトースターなどであぶって食べるのが一般的です。

作る工程でヨモギやゴマなどで風味に変化を付けた物もあります。

あんこを入れる場合もあるようです。

小腹が空いた時に重宝しそうですね。


かんころ餅の作り方

ここでご紹介するのは五島列島に伝わる作り方です。

ご家庭ではちょっと無理かもしれませんが、豆知識としてご覧ください。

まずサツマイモを良く洗い、皮を剥き薄くスライスします。

スライスした物をサッとゆでて、そのまま天日干しでカラカラになるまで乾燥させます。

乾燥が終わったら蒸し器に乾燥したサツマイモを並べ、その上にもち米を敷き詰めます。

サツマイモともち米の割合は8:2が基本です。

蒸しあがったら容器に移して手早く混ぜます。

お砂糖をお好みで入れます。

混ざったらサツマイモともち米の形がなくなり、なめらかになるまで潰します。

五島列島の方の中には味噌を作る時の機械で潰す作業をする方もいらっしゃるようです。

なめらかになったら、丸めて出来上がり。

これをお好みの厚さに切って焼いて食べます。


市販の干し芋でかんころ餅

先に紹介したのはあくまで五島列島の方の場合です。

しかしこの中でちょっと見方を変えると、ご家庭でも作ることができます。

例えば乾燥サツマイモの代わりに市販の干し芋で。

潰す機械がなければ餅つき機を使用したり、根気よく手作業することもできます。

お取り寄せも沢山あるので、そちらを利用するのも一つの手ですね。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA