さつまいもの人気レシピ

ゼロから学ぶ簡単スイーツレシピ「さつまいもとアーモンドのタルト」

さつまいもは、煮ても焼いても美味しくなっちゃう優れもの。今回は、さつまいもと相性ピッタリのアーモンドと、焼き菓子に変身!おもてなしにもお薦め、簡単スイーツレシピをご覧ください。

 

1、さつまいもvsアーモンド!主な栄養対決を見てみましょう。

100g中の主な栄養素を比較すると、炭水化物、ビタミンC、ビタミンB6等は、さつまいもが優れ、ビタミンB2、ビタミンE、食物繊維、カルシウム等のミネラル類は、アーモンドが優れています。また、さつまいもにはほとんど含まれない脂質が、アーモンドには含まれています。脂質と言っても、悪玉コレステロールを下げることで有名な不飽和脂肪酸です!ご安心を。

お互いに足りない栄養素を補うことが出来るので、美容効果も健康効果も更に高まる嬉しい組み合わせですね。

 

栄養素 さつまいも アーモンド
ビタミンC  29mg
ビタミンB2 0.03mg 0.92mg
ビタミンB6 0.28mg 0.1mg
ビタミンE 1mg 31.0mg
食物繊維 2.3g 10.4g
カルシウム 40mg 230mg
不飽和脂肪酸(オレイン酸) 35000mg

 

11%e3%81%95%e3%81%a4%e3%81%be%e3%81%84%e3%82%82%e3%81%a8%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%83%89%e3%81%ae%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%83%88-1

2.栄養たっぷり簡単スイーツレシピ「さつまいもとアーモンドのタルト」

(材料)直径20cmのタルト型1台分

☆タルト生地

薄力粉 125g

無塩バター 80g

粉砂糖 50g

卵黄 1個

塩 少々

☆アーモンド生地

無塩バター 60g

グラニュー糖 60g

卵 60g(1個)

アーモンドプードル 60g

アーモンドエッセンス 少々

さつまいも 1本

アーモンドスライス(又は胡麻) 適量

(作り方)

1.オーブントースターでさつまいもを焼く(約40分)

2.室温に戻した無塩バターをクリーム状になるまで泡立て器で混ぜ、粉砂糖を2、3回に分けて入れ、さっくりと白っぽくなるまで混ぜる

3.2.に塩と卵黄を加えて混ぜ合わせ、クリーム状になったら、ふるっておいた薄力粉を一度に加え、さっくり底から混ぜ合わせる

4.生地がしっとりまとまってきたら、手で丸くまとめ、ラップで包み冷蔵庫で30分休ませる

5.生地を休ませている間に、アーモンド生地用の無塩バターをクリーム状に練り、グラニュー糖、卵の順に加えよく混ぜる

6.5.にアーモンドパウダーを加え、なめらかになるまで混ぜ合わせたら、アーモンドエッセンスを加える

7.冷蔵庫で寝かせておいた生地を伸ばし、タルト型に敷いて、6.のアーモンド生地を流し入れる

8.焼き芋を好きな大きさにカットし、アーモンド生地に軽く押し込みながら並べ、胡麻かアーモンドスライスを飾る

9.余熱したオーブンに入れ、180℃で30分~40分焼く

 

※市販のタルト生地を使えば、もっと簡単に出来ますね!

さつまいもとアーモンドのスイーツレシピいかがでしたか?美容にも健康にも良い手作りスイーツで、ハッピーなおもてなしのひとときを♪

 

 

参考資料:日本食品標準成分表2015年版(七訂)

何も足さず、何も引かずにさつまいもを味わいたい時は

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc1000

子供に大人気のレシピ!さつまいもとゴロゴロ野菜の和風カレーのススメ!

子供に人気のメニューと言えばカレー!ただ、ちょっと面倒なことに、親と同じ辛さのカレーは子供には辛過ぎる…。大人用と子供用を分けて作ったり、子供用にリンゴとはちみつを加えたり、お母さんは大変!

今回は、大人も子供も食べやすい、さつま芋とゴロゴロ野菜の和風カレー、更に、2日目、3日目も美味しく頂けるアレンジレシピをご紹介。

続きを読む