健康・体の悩み・美容

さつまいもの栄養を効果的に摂るレシピ!

cropped-2016-01-06-13.07.20-1.jpg

さつまいもには色々な栄養が含まれていますが、今回、特に注目したいのはビタミン類!

これから、どんどん空気が乾燥し、ウィルスや菌が暴れる季節がやってきます。手洗い、うがいは勿論、ビタミンCを始め、免疫力を高める栄養をしっかり効果的に摂ることも大切です。

そこで、ウィルスに負けない体作りのために、さつまいもに一肌脱いで頂きましょう!

続きを読む

記念日クイズ!10月13日はな~んの日?

ƒvƒŠƒ“ƒg

 

1、10月13日「さつまいもの日」って?

埼玉県川越市の市民団体「川越いもの友の会」が定めた記念日です。

「川越いも」には、江戸時代から「栗より美味い十三里(=さつまいも)」というキャッチコピーがありました。「栗(九里)より(四里)美味い」で、「九里+四里=十三里=さつまいも!」という洒落なのだとか。さつまいもの産地川越が、江戸から十三里離れた所にあったから、という説も。

さつまいもの旬の10月、さつまいもを表す「十三里」の13、合わせて「10月13日」という訳ですね。

続きを読む

至福!あま~いサツマイモの天ぷら

31dfb041687624b5447b95513c102ec8_m

こんにちは!

秋を感じる今日この頃、皆様どうお過ごしでしょうか。

 

味覚の秋!

が真っ先にくる筆者です。笑

でも秋はほんとうに美味しいものがいっぱい。

今回はその中でも秋の味覚の代表選手のサツマイモを使った、誰でも食べたことのあるイモ天

を至福の味にしてしまう、簡単でとっておきのレシピをお伝えします♪

続きを読む

離乳食にオススメのさつまいもレシピ!焼き芋を赤ちゃんに食べさせても安全?

e71616595d9e5aa3120622b74a058fb6_l

もうすぐ秋ですね。

秋といえば、秋刀魚や栗、松茸など秋の味覚がずらりと生鮮コーナーに並び、見ているだけでお腹が鳴ってしまいます。ですが、生まれて間もない赤ちゃんたちは、大人と違って消化器官などが未熟なため、脂ののった秋刀魚やホクホク食感の栗などを食べることが出来ません。

ですが、離乳食を始める時期になれば、食材によっては秋の味覚を楽しむことができます。

なかでも、ビタミンCや食物繊維が豊富に含まれている素朴な甘みを持つ栄養満点な“さつまいも”は、便秘がちな赤ちゃんにも優しい食べ物ですので、とってもオススメです。

そこで、今回は離乳食にオススメのさつまいもレシピをご紹介します。

続きを読む

便秘でお悩みの方必見!便秘解消のためのさつまいもの摂り方

 

68d446fdc05b3bfd568c897bc8df518b_m

ひとむかし前までは女性特有の悩みであった便秘ですが、最近では子ども・男性・高齢者など年齢や性別を問わず多くの人々が便秘で悩んでいます。

便秘の主な原因は、過度なダイエット・不摂生な生活習慣・偏食・ストレスなどが挙げられますが、過敏性腸症候群や大腸がん、イレウスなど命に関わる病気による場合もございますので、便秘のほかに、血便・激しい腹部の痛み・嘔吐などの症状が現れた場合は、速やかに病院へ行きましょう。

 

ところで、よく便秘対処法として、便秘改善に効果的なツボを刺激したり、腸の活動を高める運動を行ったりなどを行っている方々もいらっしゃいますが、便秘の改善を行うには、ツボへの刺激や適度な運動だけではなく、生活習慣や食生活の改善も必須となります。

0bb64525cccbf9a4ede94a0e442d8154_m

特に現代日本人が不足しがちな栄養素のひとつ“食物繊維”は、体内に溜まってしまった老廃物や毒素を体外へと排出したり、乳酸菌と力を合わせて腸内環境を整える働きがあります。

 

また、最近では6つめの栄養素と呼ばれており、便秘解消や大腸がん及び生活習慣病の予防にも効果を発揮すると言われています。

 

便秘を解消する食物繊維は、牛蒡やモロヘイヤ、納豆などの食品にたっぷり含まれているのですが、より優れた便秘解消効果を持つ食べ物があります。

222650  163531152796

それは“さつまいも”です。

 

8f58701a6892dca0f5c709989c722ca4_m

なぜ、さつまいもが牛蒡やモロヘイヤ、納豆よりも便秘を解消する効果が高いのでしょうか。

そこで、今回はさつまいもによる便秘解消効果についてご紹介したいと思います。

続きを読む