”土力”の未来につながる食と自然

yakiimo-chiryoku_ntg1pv3bkr_1

018

022

自分達が出来る事から伝えていきたい。

農家さんと取り組みをしていっています。

農家さんと繋がりたい。

素晴らしい誇り、素晴らしい自然、後世に残したい。

農家さんの高齢化が進んでいます。

種子島でお世話になった安納芋作り30年の光也さんも

息子さんには継がせたくないとおっしゃっていました。

あんなに大変なのに・・・

その一助となれれば最高です。

「自然の恵み」「自然との調和」「自然環境の大切さ」「自然への感謝」

将来世代へ自然環境を整え、地球に良い事を永続的にする事を胸に。

041

026

031 032

サーファーのメッカ種子島。こういう海を守る為には大地が大事と光也さんがおっしゃってました。昔は漁師だったそうで、ちなみに種子島では下の名前で呼ぶのが一般的との事です。苗字が同じ方が多いのですかね。